さみしさの正体

でも君の「さみしい」という感情が会えるだけで満たされるわたしを救うんだ

この前TwitterとInstagramに投稿したイラストと文章。

わたしはいつも、自分がこのおんなのこだったら。と考えて文章とイラストを描いているので
わたしの描くおんなのこはわたしではないけれどわたしでもあるのですが

今回のイラストに添えた文章はわたしじゃないな。
と思ったのでそのことについてかきます!

極端に言うと、わたしは会えるだけでは満たされない!!!
ということ。

と、いうか「さみしさ」が満たされたことなんてないです。

一番さみしさを満たしてくれそうなのは「彼氏」な気がしてますけど
彼氏がいた時もわたしはさみしかった。

もちろんさみしさを紛らすことはできるけど根本的なさみしさは
いつまでもわたしに付きまとう。

さみしさはある種の欲だと思う。
認めてほしい、必要とされたい、といった類の。

何かを求める気持ち。

食欲は、何か食べればいいし
睡眠欲は寝ればいい。
性欲も、まぁひとりでどうにかできないことはないし…
でも、「さみしい」という欲はどうすれば満たされるのか
わたしにはわからない。

自分でなんとかできるものなのかも
他人が満たしてくれるものなのかも。

認めてほしいっていう中には、「自分で自分を認める」
というのも入ってる。
必要とされたい、というのも同様。

だから、あ。
わかってしまった。

わたしは自分を認めてなくて、必要としてないからさみしいのか。

(基本的に後先考えずにかいてるからこういうことはよくあります…)

この前Twitterに、
「さみしさは自分では埋められない穴なんだと思う」
ってかいたけどそれも覆ってしまった。

わたしはわたし自身で、さみしさの穴を拡張してたみたいです。
それを他人に埋めてもらうのは無理に決まってる。

でもわたしはどうしても自分のことを認めてあげられない。
さみしさの穴にさみしさを詰め込んで埋めて、誤魔化して
さみしさと生きようと思います。。

でもみんながそうじゃないと思うから、
訳もなくさみしい人は、自分のこと肯定してあげてねと言いたくなりました。

かわよいおんなのこを何か救えたらな~と思ってイラスト描いたりしてるので
救われてくださいとは言えませんが、
ちょっとでも共感してもらえたりそうか~と思ってもらえたらいいなと思います!

お付き合いありがとうございます、やまもとまい子でした!

Advertisement